Forums » News and Announcements

日本における「愛の人形」と暮らす生活

    • 311 posts
    December 3, 2020 7:46 PM EET

    2007年、ライアン・ゴスリングは「Lars and real Girl」という映画の中で、友達を作ったり、人々と付き合ったりするのに苦労した人物を演じました。映画では、彼の社会的不安を救済するために、彼はビアンカという名前のシリコンドールの会社に向かいました。彼の友人、家族とコミュニティは、彼を支持することに決めます。最終的に、Larsは過去の彼の証券を取得し、本当の女性との関係を開始することを学ぶ。これがフィクションであったけれども、それがそうするかもしれないように、それは遠くにフェッチされません。実際、日本の少なくとも1人の男性は、いくぶん似ている話をしています。To get more news about ラブドール, you can visit kireidoll official website.

    当初、61歳の中島千治の「愛」という恋の人形に対する関心は、孤独感に満ち溢れていた。しかし、彼の東京のアパートで彼女と暮らす2、3ヵ月後に、中島(結婚して、2人の子供がいますが、仕事のために家から離れて生活している)は人形が彼女自身の個性を開発したと思い始めました。彼女は彼に無生物のもの以上になった。彼は彼女を彼のガールフレンドと考え始めた。私は現代の合理的な人間に飽き飽きしている。「私にとっては、彼女は人形を超えている・・・彼女はたくさんの助けを必要としているが、それでも私にとって貴重な瞬間を共有し、私の人生を豊かにする私の完璧なパートナーである」シリコーン人形で生活しているものを見るために。これらの写真は彼が見つけたものを示している。